2014年11月09日

陽東豚骨 YOTON (ヨウトウトンコツ ヨウトン)

前回案内をしてくれた知人によると、宇都宮は工業と同時に農業の街でもあるそうです。確かに工場主催のイベントだけでなく農産物のフェアも良く行われているのを見ます。また駅東にある宇都宮大学では雷やカラスに関するユニークな研究もおこなわれているようです。その宇都宮大学そばには多くの飲食店がしのぎを削っており、もちろんラーメン店も例にもれません。

中でも知人のおすすめが今回のYOTON。確か以前紹介した俊麺なが田の系列店ですが、違った味わいとのこと。どうやら彼は豚骨が好みのようです。ファミリー客も対象にしているのか、カフェかレストランのような雰囲気の建物は、ラーメン店にありがちないかつさは控えめです。

味はマー油入り、豆板醤入りもありますがここはベースとなる豚骨と鶏ガラのYOTONを注文。無料のトッピングは辛子高菜を選択。セットメニューの唐揚げや餃子、新メニューのマーボーメンにも興味がわいてきます。
店主の出身と言う福岡の醤油を合わせたというスープは、しっかりとしたコクの中から甘みがふわっと浮き立つ感じ。低温仕上げの鳥チャーシューは驚くほど柔らかく、オーブン仕上げの焼き豚はしっかりとしたバラ肉にタレの香ばしい味わい。白ネギと水菜、岩ノリが良いアクセントです。

スープを残したところで替え玉を注文。特製の「味を替え玉」は煮干しにサバ節、カツオ節からなる魚介ペーストをまぶしたもの。一口すすれば乾物の一撃を食らわされます。これがスープと入ると節粉によるとろみが加わった、魚介豚骨味に早変わり。一杯目と同量の麺なのにするっとイケてしまいます。トッピングの辛子高菜も合わせると4つの味に変化するラーメンでした。


店名:陽東豚骨 YOTON (ヨウトウトンコツ ヨウトン)
所在地:宇都宮市石井町1468-6
駐車場:隣接パチンコ店と共用
電話番号: 028-683-0688
営業時間:11:00〜23:00 (LO 22:30)◆休憩なしの通し営業
席数:24席
定休日 :※第3火曜日のみ11:00〜14:30LO
メニュー
YOTON  700円
KUROTON(マー油入り) 750円
CHIRITON(豆板醤入り) 750円
味を替え玉〜魚介風味 150円
無料トッピングは辛子高菜・柚子胡椒・刻みニンニクから1種を選択。
posted by ramenman at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

麺屋 豚風(メンヤトンプウ)

8月末はまだ暑かった宇都宮も、秋も半ばになると日が傾きだす頃から寒風が吹き始めます。こんな時期だからでしょうか、自転車レースにジャズのイベント、二荒山神社のお祭と様々なイベントが集中して、むしろ夏よりも活気がありそうです。出迎えてくれた知人も、餃子祭りを目前に控えてひときわ熱くなっておりました。
その知人の案内で訪れたお店、麺屋豚風は卸売市場のそば。お昼過ぎでしたので市場はにぎわっていませんでしたが、春にできたお店はまだ新しく、とんこつ旋風を標榜する看板に何本も立つ店名入りののぼりと、あふれるほどの活気がありそうです。男臭い外観のワリに洒落っ気のある店内は、昼過ぎとは言えなかなかの入り。今回はスタンダードな白豚らぁめんを細麺・ゆで方はカタで注文。そして餃子もプラスしました。
他のお客さんの注文を眺めていると、すぐにわたしの丼が運ばれてきました。白濁豚骨スープに青ネギとキクラゲ、バラ肉を巻いたチャーシューと頼もしい顔ぶれ。カタ指定の細麺は食べ始めに小麦粉分を感じ、食べ進めるとのどごしするりと入ってきます。丁寧に炊くという白い豚骨スープも見た目よりさらっとしており、店のおすすめとあって飽きの来ない旨さです。脂と肉のバランスがよいチャーシューはタレ味と香ばしさが感じられます。この全体の統一感、店の基本と言うだけはあると思います。
餃子は小ぶりの博多風。ゆずコショウをつけていただきます。一口で頬張ると旨みいっぱいの汁が広がって実においしい。このあと替え玉するか迷いましたが、知人がまだご馳走する店があると言うのでここまでに。さて、秋の栃木ではどんなラーメンに会えるのでしょうか。実に楽しみです。


店名:麺屋 豚風(メンヤトンプウ)
所在地:宇都宮市簗瀬3-20-20
駐車場:12台
電話番号:028-612-3197
営業時間:11:00〜15:00 (LO 14:50)
     18:00〜23:00 (LO 22:50)
席数:39席
定休日 :水曜日
メニュー
白豚らぁめん 650円
赤豚らぁめん 700円
黒豚らぁめん 700円
餃子(4個)  200円
posted by ramenman at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

かぐら(かぐら)

最近、仕事の関係で関西と関東を往復することがすっかり増えた訳ですが、出張の合間にも休みはあって、出張先のラーメン店を徘徊するのがすっかり定番となりました。
今回は同僚に連れられて、生まれて初めて競輪場に行って来ました。立川競輪です。
なかなか香ばしい感じのお兄さん方に混じって、1000円だけ車券を買ってみたり…… もちろんあたることはありませんでしたけれど、飲食店の豊富さに驚きました。確かに、下手に居酒屋に行くよりは、美味しいものを食べながらギャンブルを楽しむのも優雅な感じがしました。
さて、初めての冒険譚はさておき、同僚を引き連れてJR立川駅のほうへと戻り、事前に調べておいた店へと歩を進めます。
今回は「かぐら」と言うお店にお邪魔しました。
今回の主旨に則りまぜそばと生ビールのセットを注文。そして、なんと香味油が選べると言う変化球。とり、えび、たい・にぼし、にんにく、ボルチーニ、黒マー油、自家製ラー油とあるのですが、変り種っぽいボルチーニをチョイス。
同僚と乾杯しつつ食す事とします。
いわゆる今まで見てきたミンチ肉、ニラ、などは無く、キャベツ、もやし、鶏チャーシューの角切り、とまぜそばとしては何となくおだやかな(?)雰囲気です。
はっきり言ってボルチーニの香油はそんなに個性を感じられませんでしたが、塩ベースのつけそばタレはさっぱりした味わいで、つけそばのイメージがちょっと変わりました。
ただ、競輪場から歩いてきたこともあるせいか、少し遠いイメージがありますね。
まあ、もうちょっと近ければよかったけど、まあ、食前食後の軽い運動と思えば許せる、かな?
<お店の基本データー>
店名:かぐら(かぐら)
住所:東京都立川市錦町1−6−13苅田ビル1F
交通手段:JR立川駅から徒歩5分
電話番号:042-512-8666
※予約は050-5872-5510
営業時間:
平日
昼11:30 〜 15:00
夜17:00 〜 23:00
土日祝(通し営業)
11:30 〜 23:00
主なメニュー:
まぜそば(\700)
まぜそば+炙りチャーシュー丼orだし茶漬け(\1,000)
まぜそば+生ビール(\1,000)
席数:カウンター・テーブルで計8席
定休日:無休
posted by ramenman at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。