2011年05月02日

後輩たちを引き連れ吉祥寺の「中村屋」へ行く

大学で僕が所属していた部活を見に行き,部活が終わってから
後輩たちと夜ご飯を食べることになった。

というか,食べることにさせた!

夜9時を過ぎたころ,後輩たちと6人でのほほんと吉祥寺の仲道通りを歩いて
吉祥寺駅に向かう途中にちょっとお洒落ならーめん屋さん,中村屋がある。

正確に言うと1階がらーめん店で2階がカフェになっているらしいのだが,
僕は怖くて2階のカフェのほうには行ったことがない,なんだか外から見ても
お洒落そうだし,1階もらーめん屋さんにしては充分お洒落だからだ。

店員さんたちは皆シェフのようなきちんとした制服を着ている。

店内は清潔感の漂うスマートな造りだ。


このお店は夜の10時には閉まってしまうので僕たちはギリギリセーフだった。

僕は一人で何度か来たことがあり,醤油らーめんと塩らーめんを食べているのだが,
ここは淡麗系と言われるお店で「塩らーめん」(700円)がとても
すっきりしていてオススメだ。

今回も僕はそれにしようとしたのだが,後輩がメニューに
1日20食限定の「柚子辛麺」というものを見つけ
「先輩これ注文してくださいよ〜」と言われた。

そのおかげで僕は一応店員さんにまだあるか聞いて注文することにした。
バッチリ注文できた。

しかも辛さも調整出来て3辛までは無料なのだが4辛が50円,
一番辛い5辛が100円だったので,せっかくだから
「柚子辛麺(塩)」(900円+5辛100円) を注文した。


それはうえに大量の白髪ねぎ,さらにそのうえには七味唐辛子をのせてやって来た。

最初はすこしむせそうになったけれど,
そんなに食べれないというほどの辛さでもなく普通に食べることができた。

後輩たちは僕が普通に食べるのを見てみんな僕の柚子辛麺を食べ始めた。
中には食べれないという後輩もいたけれど,結構な量を後輩に食べられた。

叉焼からはいかにも炙られましたという良い匂いが香ってきた。

ピリピリとした辛さの中から柚子のさっぱり感が冴え渡り美味しくいただいた。

細麺がスープによく染みていた。
トッピングのほうれん草が途中つまんで食べるのにとても適していた。

天気も良かったので食べた後外に出ると気持ちよく感じた。

中村屋,柚子辛麺.JPG
吉祥寺,中村屋.JPG
posted by ramenman at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。